福岡のオススメ住宅エリア

七隈線・次郎丸駅エリアは大型スーパーやコンビニが充実 | 福岡の工務店がオススメする人気エリア

福岡市地下鉄七隈線の次郎丸駅周辺エリアはここ数年ファミリー世代に大変人気のエリアとなっています。実際に新築で注文住宅を建てる方からも度々話題に上がる人気エリアとなっており、今後もその人気はより一層加熱していきそうです。

また、2022年には七隈線が博多駅まで延長する計画があり、今注文住宅を建てることを検討している方にとって最もホットなエリアの一つとなっています。今回は次郎丸エリアの人気の理由、住みやすさの秘密を解説していきます。

次郎丸エリアとは?基本情報を解説

次郎丸エリアとは、福岡地下鉄七隈線の次郎丸駅を中心とするエリアです。基本情報は次のとおりです。

郵便番号 814-0165
住所 福岡県福岡市早良区次郎丸(1丁目-6丁目)
最寄り駅 福岡地下鉄七隈線・次郎丸駅
主要なバス停 立屋敷、昭和新町、平田、次郎丸駅前など
主要駅までのアクセス 博多駅まで
バス 乗換なし(所要時間:44分 運賃:440円)
電車 天神南駅乗り換え(所要時間:42分 運賃:340円)
学区 第6学区

交通アクセス | 2022年には博多駅直通に!

次郎丸エリアが人気の理由の一つは主要エリアまでのアクセスの良さにあります。現状でも七隈線で天神南駅まで、また博多駅までは空港線に乗り換えて行くことも可能ですし、また次郎丸エリアの主要バス停からは西鉄バスを利用することで博多駅付近まで直通となっています。

そして何よりも注目なのが、七隈線が2022年に延長されることで博多駅までの1本でアクセスできることになることです。そのためこれまで以上に人気が出ること間違い無しのエリアとなっています。

学区 | 福岡市内でも人気の第6学区(修猷館、城南など)

ファミリー世代が一軒家を購入するにあたって、必ず気になるのが学区ですよね。次郎丸エリアは「有田小学校」「次郎丸中学校」そして高校は「第6学区」となっています。第6学区は修猷館、城南などが存在する市内でも人気の学区となっています。

第6学区の高校一覧と偏差値、合格点の目安は次の通りとなっています。

  • 修猷館 普通科 72/270
  • 城南 普通科 65/240
  • 福岡中央 普通科 62/220
  • 筑前 普通科 60/210
  • 糸島 普通科 45/140
  • 玄洋 普通科 40/120
  • 早良 普通科 38/100

福岡県第6学区高校一覧と偏差値(合格点)

次郎丸エリアの周辺施設から暮らしやすさを解説

次郎丸エリアの魅力は周辺施設が非常に充実している点です。普段の買い物から週末のお出かけまで、様々な魅力が詰まった次郎丸エリアをご紹介します。

スーパー | 駅の北側にも南側にも大型スーパーが点在

次郎丸エリアは大型のスーパーが大変充実しています。

次郎丸駅の北側には徒歩4分の位置に「ハローデイ次郎丸店」が、次郎丸駅の南側には徒歩7分の位置に「マックスバリュ次郎丸店」があります。これら2つの大型スーパーがあれば日常生活に必要なものは全く困らないと言えるでしょう。

また、隣駅には大型ショッピングモール「木の葉モール橋本」や「イオン野芥店」もあり買い物には一切困らない立地となっています。

コンビニ | 駅前ローソン、南北にはセブンイレブン

次郎丸駅前には24時間営業のローソンがあるため、通勤帰りにちょっとした買い物には困らないでしょう。また、セブンイレブンが南北に1店舗ずつあり、エリア内に住めばどの位置でも徒歩圏内にコンビニがある大変便利な立地です。

その他 | 駅前のスターバックスは若者に人気

次郎丸駅から徒歩2分のスターバックスは学生や主婦グループまで多くの人が集まる人気スポットとなっています。

次郎丸エリアの気になる地価・坪単価は?平均予算は?

次郎丸エリアの魅力が伝わりましたでしょうか?ここからはいよいよ肝心の次郎丸エリアで土地を購入して家を建てる際の平均予算について解説していきます。

今回は実際の購入価格により近い情報をお届けするため、SUUMOが発表している「福岡県の土地価格相場情報」のデータを元に解説していきます。

次郎丸エリアの平均地価は47万2000円/坪

次郎丸エリアの平均地価は47万2000円/坪となっています。(2020/05/05時点のデータ)これは1㎡あたりに換算すると14万3030円/㎡となっています。

次郎丸エリアに土地を購入して新築の家を建てる場合の平均予算は4884万円

次郎丸エリアに土地を購入して新築の家を建てる時の平均予算はいくらになるのでしょうか。今回は国土交通省が発表している建築着工統計調査2018のデータにある、福岡県において注文住宅を建てる際の平均住宅面積である36.5坪の家を建てることを想定して平均予算を策定します。(間取りでいうと4LDKもしくは5LDK)

費用項目 平均費用
建築費 2260万円
土地購入費 2624万円
合計 4884万円

建築着工統計調査2018によると福岡県内の平均住宅面積36.5坪の家を建てる際の平均建築費は約2260万円です。この家を建てる際に必要となる土地の大きさですが、次郎丸エリアの容積率は80%に指定されている場所が多いため、45.6坪の土地が必要となりすが、車が2台分の駐車場10坪を加えると必要な土地面積は55.6坪となります。

坪単価47万2000円のため、土地代は約2624万円となります。

そのため建築費と土地代を合わせると、次郎丸エリアに土地を購入して新築の家を建てる場合の平均予算は4884万円となります。(引越しに必要な費用や家具家電などを除く)

全体の予算から考えた理想のマイホーム計画をプロと一緒に建てませんか?

今回は次郎丸エリアの魅力や、次郎丸エリアに土地を購入して新築注文住宅を建てる際の平均予算について解説しました。福岡市内で家を建てる際には、福岡市内での建築実績が豊富なプロに相談することをオススメします。

本メディア「フクイエ」を運営する私たち健康住宅グループは、創業23年・福岡都市圏に1500棟以上の建築実績を持っており、お客様に合わせた理想のマイホーム計画をプロの目線でお手伝いいたします。

福岡市内で家を建てようと思ったら、まずは無料相談からお気軽にご依頼下さい。

健康住宅株式会社
健康住宅株式会社は福岡県内を中心に年間100棟を超える注文住宅を建てる会社です。 福岡県内で住宅に関わるプロとして、家を建てることを検討している全ての方へ役立つ情報を発信します。