注文住宅の全て

住む人にも建物にも悪影響?住宅の結露を防ぐべき理由を解説

冬の朝、玄関や窓に水滴がたくさんついていることがあると思います。「結露」と呼ばれる現象によるこの水滴ですが、実は長期間放っておくと、建物にも住人にも様々な悪影響を及ぼします。今回は、住宅の結露を防ぐべき理由とその対策について解説していきます。

住宅の結露はなぜ悪い?カビの発生に直結

住宅において結露が発生することで起こる悪影響として、「カビの発生」がイメージしやすいかと思います。結露によって発生した水滴を放置し、窓の周辺が濡れた状態のままにしておくと、カビの繁殖が始まり、床や壁やカーテン等にカビ被害が広がっていきます。恐ろしいことにそのカビによって、建物自体にももちろん、住んでいる人の健康にも被害を及ぼしてしまう可能性があります。

まず、住宅の中にカビが発生していることによる人体への影響を見ていきましょう。

結露が及ぼす人の健康への被害とは

結露によってカビが発生すると、そのカビを食べるダニも発生しやすい状態になってしまいます。カビやダニが繁殖しやすい住環境では、「シックハウス症候群」にかかる可能性が高くなります。シックハウス症候群とは住宅が原因で起こる健康障害の総称です。

ぜん息の主な原因物質の一つがカビ

シックハウス症候群の一つとしてぜん息があります。カビとダニの発生によって「ハウスダスト」が起きることでアレルギー反応を引き起こし、呼吸器疾患が悪化してしまう病気のことです。カビ自体は目で見えますが、そのカビが出す胞子は目に見えないほど小さいものです。カビが生えやすい環境を作ってしまうと、家の中にカビの胞子が大量に飛び交い、シックハウス症候群により家族の健康を害してしまう恐れがあります。

同じ家に住んでいても、シックハウス症候群を発症する人、しない人など個人差はありますが、小さなお子さんからご年配の方まで、誰でも発生する恐れがあります。症状が現れたときは、環境の見直し、改善をすることが必須になりますし、可能であればカビの発生しにくい、しっかりとした換気計画を持った住宅に住むのが一番の予防策になります。

結露が及ぼす建物への悪影響とは

結露が及ぼす被害は人への健康被害だけではありません。住んでいる住宅にもさまざまな悪影響を及ぼす恐れがあります。結露を長い間放置しておくと建物へどのような悪影響があるのか解説していきます。

構造材の強度が低下する

結露には「表面結露」と「内部結露」の2種類があります。「表面結露」とは、玄関ドアや窓など表面に張り付く結露のことをいいます。この表面結露も十分ケアをしなければいけないのですが、実は住宅被害にとってより恐ろしいのが、「内部結露」です。内部結露とは、壁内結露とも言いますが、知らぬ間に壁の中に結露が発生してびしょ濡れになってしまっている状態のことをいいます。内部結露は被害が発生しても気づくことが難しく、柱や土台の木材を腐らせてしまい、建物の強度を下げてしまうことになります。大きな地震が来た時の被害を拡大させてしまうリスクもあります。

シロアリや腐食菌の発生の原因に

また、内部結露はシロアリや腐食菌を発生させる恐れもあります。シロアリや腐食菌は、湿った部分や木の柔らかい部分を好んで食べる傾向にあるので、内部結露によって長い期間湿った状態が続くと、被害にあう可能性が高くなってしまいます。シロアリの食害に遭うと、住宅の柱や土台の木材が腐食してしまう他、末期症状になると、部屋の畳やフローリングなど居住空間にも被害が及んでしまいます。

結露が発生するメカニズム

そもそも、結露はどのようにして発生するのでしょうか。結露とは、暖かく湿った空気が冷やされて、空気中の水分が水滴となって現れることを言います。よくある現象の一例を挙げると、夏場に冷たい水を注ぐとコップの周りに水滴がつくのと同じです。そのため、住宅の中でも、暖房していない部屋や押し入れの中、断熱性能の低いサッシや窓ガラスといった場所で結露が発生しやすくなります。

では、どうやったらその結露の発生を防げるのかを見ていきましょう。

結露対策をして住宅のカビの発生を防ぐ

湿った状態を長期間放置してしまうと、人や住宅に様々な悪影響が及ぼされますが、その結露の発生はある程度防ぐことができます。人や住宅の健康を守るために、どのような対策をしてカビの発生を防ぐかについて解説していきます。

断熱性を上げて家表面の温度を下げない

結露を発生させないための一つの方法として、住宅の断熱性能を高くすることがあります。断熱対策をすると、家の建物全体の温度が高くなり室温の低い部屋がなくなるために、部屋間の温度差が原因での結露が発生しにくくなります。加えて、高断熱の住宅は、外の空気を室内に侵入させず、外の気温の影響を受けないために玄関や窓、壁といった開口部において結露の発生を防ぐことができるのです。

水蒸気の発生をさせすぎない

また、水蒸気の発生をなるべく抑えることも大事な結露対策の一つです。必要以上な水蒸気の発生をさせないために「換気」が重要になってきます。換気をしっかり行うことで、室内の空気中に含まれる水蒸気の量をしっかりと排出し、湿気が局所的にたまることがないようにしましょう。換気によって室内の湿気を外に捨ててしまえば、結露の発生を抑えることができます。住宅を建てる際は、そのしっかりとした換気計画を実行できる工務店に依頼するのがよいでしょう。

住宅の断熱にこだわることが重要

今回は住宅の結露が引き起こす人や住宅への健康被害について解説してきました。結露を長期間放っておくことで様々な悪影響を及ぼすため、しっかりとした対策が必要です。マイホーム建設を考える際には、住宅の断熱性能も十分比較検討するようにしましょう。断熱性を高めると同時に、換気がしっかりと行える家の構造にするには、住宅を建設した後からではなかなか修正がきくものではありません。家族やマイホームを健康的に保つためにも、結露を最大限防ぐ住まいを目指しましょう。

本メディア「フクイエ」を運営している健康住宅グループでは、結露を防ぐ高性能サッシ「トリプルシャノンⅡx」の装備を標準仕様としていたり、壁内結露を防ぐ工夫を施したりと、「結露しない家づくり」に真摯に取り組んでいます。常に新しい技術や工法に目を向け、結露対策の改良を重ねております。

お客様の理想の家づくりのため、無料の相談会等も行っておりますので、ぜひ一度足を運んでいただければ幸いです。

健康住宅株式会社
健康住宅株式会社は福岡県内を中心に年間100棟を超える注文住宅を建てる会社です。 福岡県内で住宅に関わるプロとして、家を建てることを検討している全ての方へ役立つ情報を発信します。