注文住宅の全て

総負担返済率ってなに?言葉の意味から平均値、目安まで徹底解説!

総負担返済率という言葉をご存知でしょうか?住宅を建てる際にほとんどの人が住宅ローンを組みますが、その際に気をつけなければならないのが「総負担返済率」です。この記事では「総負担返済率」の意味から、福岡県での平均的な総負担返済率、そして理想的な総負担返済率について解説していきます。

総負担返済率とは、世帯月収に占める住宅ローン返済金額の割合のこと

まず最初に、「総負担返済率」について解説します。「総負担返済率」とは、世帯月収に占める住宅ローンの返済金額のことを指します。例えば世帯月収が50万円、住宅ローン返済金額が月10万円の場合、総負担返済率は20%となります。

住宅ローン返済金額 ÷ 世帯月収 ×100 = 総負担返済率

例) 10万円 ÷ 50万円 × 100 = 20%

世帯月収は「税引き前の名目月収」「税引き後の手取り月収」で考える場合がありますが、今回は一般的な定義である「税引き後の手取り月収」で計算しています。また、今回利用した平均月収データは次の条件を前提としています。

  • 福岡県に居住
  • 専業主婦(主夫)の世帯であり、働き手は45歳
  • 働き手は厚生年金に加入している一般的な企業に勤務している
  • 子供は二人(配偶者を含めて扶養人数は合計3人)
  • その他特別な控除等が存在しない(本来は住宅ローンの控除がある人がほとんどですが、様々な場合がありえるので今回は対象外とする)

総負担返済率の上限は?フラット35の基準から解説

住宅ローンの中で最も多くの人が利用する、フラット35では、総負担返済率に関する上限を定めています。これは、あまりにも無理のある返済割合の貸付を行わないように上限を定めているためです。

フラット35では次のような基準を定めています。

年収 400万円未満 400万円以上
総負担返済率 30% 35%

世帯年収400万円未満は30%、世帯年収400万円以上は35%を総負担返済率の上限としています。これは、他の借り入れが存在した無いことを前提としており、住宅ローン以外のローン(カードローンや車ローン、教育ローン等)がある場合は、それを考慮した値となります。

これはあくまでも上限であり、実際の総負担返済率はもっと少なくなっています。

福岡県内で注文住宅を建てた人の平均総負担返済率

総負担返済率の意味と、上限を理解したところで、実際に福岡県で家を建てた人の総負担返済率を見ていきましょう。実際にフラット35を借りた人のデータを元に解説していきます。

福岡県の土地持ちの人の総負担返済率は平均27.5%

平均月収(手取り) 平均返済額/月 総負担返済率
福岡県 31万6520円 8万6900円 27.5%
全国平均 34万9352円 9万1500円 26.2%

福岡県内で既に土地を所有しており、注文住宅のみを購入した人の総負担返済率は27.5%となります。また、全国平均では、26.2%となりました。

福岡県の土地も併せて購入した人の総負担返済率は平均31.4%

平均月収(手取り) 返済額/月 総負担返済率
福岡県 35万9363円 11万2700円 31.4%
全国平均 36万8645円 11万3300円 30.7%

福岡県内で土地を所有しておらず、土地と注文住宅を同時に購入した人の総負担返済率は31.4%となりました。また、全国平均では30.7%となりました。土地持ちの人と比較すると、土地取得費がかかる分、総負担返済率が高くなりました。

ファイナンシャルプランナーに聞いた、総負担返済率の目安は25%

福岡県内で注文住宅を建てる人の平均的な総負担返済率は27.5%から31.4%であることがわかりました。また、フラット35を利用する場合、総負担返済率の上限は世帯年収400万円未満の場合30%、世帯年収400万円以上の場合35%です。

それでは、実際に無理なく返済が可能な総負担返済率はどの程度なのでしょうか?今回はお金の専門家であるファイナンシャルプランナーに話を伺ってきました。

多賀谷 規正(たがや のりまさ)
ミライデザイン株式会社 代表取締役
1974年生。北九州市出身。西南学院大学法学部卒
宅地建物取引士、社会保険労務士、住宅ローンアドバイザー
ファイナンシャルプランナー
不動産業界と国内金融機関にて経験を積み、住宅購入のタイミングに特化した住宅購入専門のファイナンシャルプランナーとして独立。新規相談件数は年間300組以上。住宅・教育・老後という人生の3大支出を解決して、「お金のストレス無く幸せに暮らす」ライフプランの作成を使命として活動。
趣味は旅行と食べ歩き。世界一周旅行をするほどの旅好き。
自身でもライフプラン作成し、お金のストレスがない人生を実践中。
https://miraidesign.jp/

総負担返済率の目安の考え方は?

総負担返済率を何%に設定するべきかは、それぞれの家庭の事情によって大きく異なります。特に近年増えている共働き世帯においては、産休や育休の取得、ご両親の介護などの状況により世帯年収が大きく変化する可能性があり、その際に総負担返済率が大きく跳ね上がる可能性についても考慮しなければなりません。

一昔前は一般的には総負担返済率の目安は25%程度と言われていましたが、住宅ローンが超低金利になっているため、30%程度の総負担返済率くらいであれば、大丈夫な範囲内かと思います。賃貸マンションについても「家賃は月収の30%以内」というような言われ方をしており、3割というのが一つの目安かと思います。

しかし、これもまた各家庭の事情によります。安定した大企業にお勤めで将来的に収入が増えていく可能性が非常に高いご家庭であれば、それ以上の総負担返済率でも問題ないと思いますし、注文住宅を購入する時点での貯金の金額によっても目安は異なります。

一人ひとりにとって無理のない住宅ローンの借り入れを行うためには、ぜひ専門家であるファイナンシャルプランナーへの相談をおすすめします。

同じ総負担返済率でも、金利によって借入可能額は大きく異なります

また気をつけなければならないのは、同じ総負担返済率でも住宅ローン金利によって借入可能額が大きく異なるということです。フラット35では2019年12月現在、35年ローンの金利を年1.210%~年1.870%と定めています。実際の金利は審査によって確定しますが、同じ世帯年収500万円(世帯月収約41.6万円)でも金利によって借入可能金額が異なります。

世帯月収 住宅ローン支払額
(総負担返済率25%)
金利 借入可能額
41.6万円 10.4万円 年1.210% 約3560万円
年1.870% 約3200万円

世帯月収や総負担返済率が同じでも、金利の審査結果によって、360万円もの差が生まれることがわかります。これはあくまでもフラット35の審査金利を目安にしているため、銀行融資や変動金利でのローンとなるとその差は大きく変化するので注意が必要です。

無理のない資金計画は人それぞれ。専門家にしっかりと相談してみては?

今回は毎月の世帯収入における住宅ローンの返済金額の割合を示す「総負担返済率」について解説してきました。夢のマイホームでの楽しい暮らしにとって無理のない範囲の住宅ローンの返済金額は、人それぞれ異なるため、専門家への相談をおすすめしています。

健康住宅グループでは、ローンを組む前にかならず、ファイナンシャルプランナーとの面談を通した資金計画の機会を設けています。相談は無料となっていますので、ぜひ一度来場してみてはいかがでしょうか。

健康住宅株式会社
健康住宅株式会社は福岡県内を中心に年間100棟を超える注文住宅を建てる会社です。 福岡県内で住宅に関わるプロとして、家を建てることを検討している全ての方へ役立つ情報を発信します。