注文住宅の全て

外断熱って何?その特徴やメリットを住宅のプロがわかりやすく解説

住宅を建てたいと考えている方で、住宅展示場に行ったり注文住宅について調べたりしていくと、「外断熱」という言葉を耳にすることも多いと思います。本記事では、外断熱とは何か、そのメリット・デメリットを解説していきます。ご自分の家を建てる際、外断熱を取り入れるべきかどうかのご検討にお役立てください。

外断熱ってなに?

外断熱工法の仕組みとは

そもそも「断熱」とは、建物の内部に断熱材を入れることで、外の空気からの熱の出入りを断つことを言います。断熱には「外断熱」と「内断熱」と2つの工法がありますが、その断熱材をどこに設置するかで、外断熱工法になるのか、内断熱工法になるのかが決まります。

外断熱工法は、断熱材を柱と外壁の間、つまり建物の外側に近い部分に断熱層を設け、全体を断熱材で覆うことで、非常に高い断熱性を実現しています。

外断熱工法で実現できる室内環境の快適さ

通常の内断熱工法では、柱などの構造部分が外気に接しているため、外の温度に影響を受けやすく、結果的に「夏は暑く、冬は寒い」という環境になりやすいのが実情です。

外断熱工法では、建物全体を断熱材で包み込んでいるため断熱性が高く、外気が室内に入り込まないため、夏はエアコンのスイッチを切っても室内は快適な室温のまま保たれ、冬は使用されていない部屋やトイレ、洗面室でも寒さを感じないくらい家全体が温まるという「いわゆる魔法瓶のような」環境を実現できます。

外断熱工法で建てられた住宅のメリットとは

結露の発生を抑制でき、家が長持ちに

外断熱工法で建てられた住宅は、断熱性が高いことが特徴であると説明しました。断熱性が高いと、建物の内側と外側の気温差を小さくすることができ、結露の発生を抑制することができます。結露が発生しにくいと、カビや錆による住宅の劣化を抑えることができるので、家自体が長持ちになります。

家全体が魔法瓶?省エネで電気代を抑える

外断熱の構造は、断熱材で建物全体を包み込んでいるため、魔法瓶のような構造であるとよく例えられます。保温性能が非常に高く、家中どこでも一年中、温度差のない快適な環境を作ることができます。一年中快適な室温に保ちやすくなるため、エアコンなどの冷暖房具の出番を大幅に減らし、電気代を抑えることができます。長期的にみて、非常に省エネでありお得な住まい環境だといえます。

構造躯体や床下が湿気を帯びず、シロアリ被害を受けにくい

湿気の高い建物はダニやカビを発生させ、喘息やアレルギー性の病気を引き起こすなど人体へ影響を及ぼすこともあります。また、湿度が80%を超えると、木材を腐らせる菌が増殖しやすくなるといわれ、その結果シロアリ被害を受けてしまう可能性もあります。その対策として、外断熱工法は、建物全体を包み込んでいるため、防湿性にも優れています。建物全体が乾燥した状態に保ちやすくすることで、ダニや錆による被害、結露が引き起こす床下の腐敗によるシロアリの侵入を防ぐことができます。

外断熱工法で建てられた住宅のデメリットとは

建設時のコストがかかる

一般的に、建物全体を包み込む外断熱工法は、規模や形状によって多少の違いはあるものの、従来の内断熱工法に比べて建設コストが1割ほど高いといわれています。しかし、冷暖房効率が高いことによる電気代の抑制や、修繕コストが抑えられることなど、ランニングコストを抑えることができるメリットが非常に多いため、長期的にみて家を持つ際のコストを大きく削減することにつながります。

高気密であるため、換気計画をしっかりとする必要がある

高気密な建物は、室内と屋外の空気が行き来しないよう、限りなく密閉に近い状態で作られているため、室内の空気が勝手に屋外へ出ることが難しい構造となり、汚れた空気の入れ替えや湿度のこもりを防ぐために換気を行う必要があります。建物全体を効率よく換気できるよう、窓の位置や間取りなどを充分に考慮・検討した上でしっかりと計画しましょう。室内だけでなく、床下も含めて換気を行うことで、建物のダニや錆の発生、シロアリ被害を防ぐことができます。

しっかりとした施工をせず、外断熱工法であることだけを謳った業者にも注意が必要です。場合によっては内断熱工法と断熱のパフォーマンスが変わらない、といったことも起こり得ます。

初期費用はかかるが、快適性や省エネで長期的には低コスト・高パフォーマンス

せっかく一生に一度の買い物である住宅を建てるからには、快適に過ごすことができて、耐久性の高い家にしたいという方が多いと思います。外断熱工法は初期費用こそ高くなってしまいますが、年中快適な室内環境を作ることができ、冷暖房具の使用機会の減少による電気代節約など、長期的には低コスト・高パフォーマンスが実現できると言えます。住宅に外断熱工法を取り入れるかどうかは、初期コストと長期的なコストを鑑み、メリット・デメリットとともによく検討するようにしましょう。

本メディア「フクイエ」を運営している健康住宅グループではオリジナルの外断熱工法を取り入れた高性能住宅の家づくりを標準仕様しています。「高性能住宅」のパイオニアとして常に新しい技術や工法に目を向け改良を重ねているため、マイホームを建てたいお客様の、快適で過ごしやすい住まいづくりに取り組んでいます。

お客様の快適で過ごしやすいマイホーム実現のため、無料の相談会等も行っておりますので、ぜひ一度足を運んでいただければ幸いです。

健康住宅株式会社
健康住宅株式会社は福岡県内を中心に年間100棟を超える注文住宅を建てる会社です。 福岡県内で住宅に関わるプロとして、家を建てることを検討している全ての方へ役立つ情報を発信します。