注文住宅の全て

注文住宅の購入の流れを住宅のプロがわかりやすく解説

いざ注文住宅でお家を購入しようと決めたが、実際に何から始めれば良いのか、分からずにいる方も多いのではないでしょうか。

注文住宅と言っても沢山の選択肢の中で、建設会社や自分に合ったお家を決める必要があります。多くの注文住宅建設の相談に乗っている住宅のプロが1から分かりやすく注文住宅でお家を購入するまでの流れを詳しく解説します。

購入の流れ①理想の家・理想の暮らしをイメージしよう

自分にぴったりあった住宅を造るには、自分にはどんなお家、暮らしが合っているのか知ることが不可欠です。そこで必ずやらなければいけないことは、「必要条件」「十分条件」の決定でしょう。

完璧に理想と一致したお家を建てることはなかなか難しいです。どこかで妥協しなければいけないタイミングが必ず来ます。そこでまず、これだけは絶対に譲れないという条件を決め、そこから優先順位の高い順に決めていく必要があります。

これまでの暮らしを振り返りながら、これからの暮らしのイメージを沸かせていくこともポイントです。これまでの暮らしの中で、不便だと思っていたこと、こだわりたい点などを書き出してみるのもいいでしょう。

購入の流れ②資金計画を建てよう

次が資金計画です。現状の貯金額や収入から、自己資金でいくら出せるのか、無理なく毎月返済できるのはいくらなのかを把握しましょう。

注文住宅では、建設費用の他に土地代、外構工事費用や調査費用など様々な費用が上乗せされます。家具などを新調する場合にはその後の費用も含めなくてはいけません。ローンなどを利用する場合は利息も含める必要があります。
そういった費用を諸々含めた予算を把握しましょう。

場所や人によっては建設費用以外の費用が想像以上に高かったということもあります。自分達の予算と、それに合った住宅はどんなものなのか把握しておきましょう。

購入の流れ③住宅展示場を見に行ってみよう

これまでにどんな注文住宅が建てられているのか知り、実際にどんなお家が建てられるのかイメージをつけるには住宅展示場に足を運んでみることも良いでしょう。

様々な種類のお家を見学でき、建設会社の方のお話も聞くことができるので、まだよくわかっていない点や具体的な建設に関する質問もできます。

ただ、注意しなければいけない点はその場で営業の方の話に乗せられてしまって購入まで検討してしまうことです。彼らは営業のプロでもあるのでうまく契約につなげられるように話を進めます。
見学しているのは、あくまでもモデルハウスなのでそこにあるお家は参考程度にし、本当に自分に合ったお家はどんなものなのか検討しましょう。

購入の流れ④複数の会社に話を聞こう

話を聞きにいく場合は必ず複数の建設会社にいきましょう。建設会社によって特徴は千差万別あり、得意不得意や過去にどんなお家を造っているのかも様々です。

あなたにぴったり合った建設会社を選ぶには、なるべく複数社に話を聞きに行ったほうがいいでしょう。それぞれの特徴や良さ悪さを把握した上で自分達にはどんなお家が合っているのか、それにはどんな建設会社が合っているのかを見極めましょう。

注文住宅を契約した後に、もっと多くの建設会社に話を聞きにいけばよかったという声も耳にします。担当の方の良さや直感などですぐに決めてしまうことのないようにしましょう。

購入の流れ⑤土地を探そう

次に土地選びです。
住みたいエリア、イメージや予算が決まったらそれに合った土地を探していきます。そのエリアの不動産会社に要望を伝え、探してもらうのが一般的です。

しかし、ここでも完全に自分達の理想と一致した土地を見つけるのはなかなか難しいでしょう。土地にも種類が様々ありますので土地選びでも情報収集をし、条件を整理して探しましょう。

イメージしているお家が果たしてその土地に本当に建てられるのか、土地によっては地盤などの関係で建てられないといったケースもあります。また、別途、解体費用や地盤調査、外構費用がかかる土地もあるのでそういった点にも気をつける必要があります。

購入の流れ⑥注文住宅をプランニングしよう

いよいよ具体的なプランニングになります。
最初に沸かせた暮らしのイメージをもとに、実際に間取りや水回り、収納スペースなどを具体的に決定します。

予算の兼ね合いも出てくるところなので、こちらも優先順位に合わせてプランニングします。
理想の暮らしをイメージしながら、自分達の希望を話し合い、具体的に書き出していくのが良いでしょう。その上で、施工会社の方と相談し、設計をしながら具体化していくのが一般的です。

細かな注意する点や、実現できるか分からない点などが沢山出てくるところでもあるので、必ず施工会社さんとこまめに打ち合わせをしながら進めていくことが大切です。

購入の流れ⑦施工

試行の段階では、自分達のお家が出来上がるまでの過程を見学することができます。
工事現場に実際に見学に行くことによって実際に施工している職人さんの姿も見ることができます。

普段は見られない壁や床下の構造なども見ることができ、自分達の家の知識もつけることができます。
また、実際に見学に行くことによって、手抜き工事などが減ることもあります。

このタイミングで、近隣への挨拶なども済ませると良いでしょう。

購入の流れ⑧引き渡し

そしていよいよ待ちに待った引き渡しです。

建設が終わり、建設会社のチェックを済ませたお家に実際に足を運び、外観や内装を自分の目でチェックし、自分達でオーダーした部屋や設備に相違がないかなどを確認しましょう。

入居後に不具合を申し出ても施主側、建築会社側の両方にとって負担となりますので、検査は入念に納得がいくまで行いましょう。

多くの工程がありましたが、これで晴れて入居に至ります。
注文住宅購入の流れはイメージできましたでしょうか?健康住宅グループでも、住宅のプロからの無料相談会を受け付けています。是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

健康住宅株式会社
健康住宅株式会社は福岡県内を中心に年間100棟を超える注文住宅を建てる会社です。 福岡県内で住宅に関わるプロとして、家を建てることを検討している全ての方へ役立つ情報を発信します。